« 奇跡的!?2月18日 | トップページ | FELT∞SHOES No.12 »

2008年3月12日 (水)

沈丁花の咲く頃

沈丁花。

またこの香りを感じられる季節が巡ってきました。

季節の変わり目には色んな匂いがします。

新春明けの梅の香りに続いて、数日前から沈丁花の香りが時折ふっと香ってくるようになりました。

私はこれまでほとんど毎日自転車に乗る生活をしています。
仕事が終わった帰り道、まだ少しひんやりとした空気をむしろ気持ちよく感じながら自転車に乗って走り抜けていると、その瞬間がやってきます。

ふわっ

ほんとにこんな感じ。

あっ・・・

と思った時には、通り過ぎてしまっている。

香りというのは、どうしてこうもダイレクトに心に入り込んでくるのか・・・。これまでも、これからもずっと不思議なことのひとつだと思います。

沈丁花の季節がきた・・・

体全体がざわっとします。
1年に1度必ず体験していることなのに。
感じた瞬間にこぼれて霧になってしまうような。
そうして見えなくなってなお、しっとりとした香りの粒子が空気中に混ざっているような。

おおげさではなく、心臓をぎゅっと掴まれる感覚。急に体中を血と涙が巡るような感覚。
本能なのか、記憶なのか。一瞬のトリップ。

***********************************************************************

先日、以前通っていたテキスタイルスクールの修了展を見に行きました。
2年越しで楽しみにしていた友人の作品を見るためでもありました。

HanaHana_2ジャカード織りで梅の樹幹を表現し、梅の花部分を丁寧な丁寧な手刺繍で表現した着物。

素晴らしかったです。
それ以上は上手く言えませんが、見に行って本当に良かった。

その帰り道、とてもきれいな夕日を見ました。

春。空気がやわらかくなるように、ココロもやわらかくなる季節。感じることを大切にしたい季節。
鼻唄を歌いながら、気持ちのいい空気を全身に吸い込みたい季節。デス。

|

« 奇跡的!?2月18日 | トップページ | FELT∞SHOES No.12 »

コメント

☆とくふうちゃん
ありがとう  なんて言ってもらえてうれしいです。
香りは本当に不思議。胸いっぱいに、思う存分吸い込みたいと思ったりもするけれど、一瞬だからこそ記憶を鮮明に引き戻してくるような気もします。

とくふうちゃんのところも、きっともうすぐ・・・・

投稿: pb | 2008年3月16日 (日) 21時58分

沈丁花、こっちではまだです。
私も花粉症ですが、鼻はいいので早くあの香りをかぎたいです。
沈丁花の香り、大好きなんです。

そんな記事を、繊細に表現してくれて、ありがとう。

投稿: とくふう | 2008年3月15日 (土) 21時30分

☆mayo
そうだよね。。。花粉症だと春は本当に辛い季節・・・だね;私はまだ軽いからいいけど、特効薬が出ないものかと期待しちゃうねぇ。
着物は本当にきれいでした。身に纏うというのとはまた違った美しさでしたshine

投稿: pb | 2008年3月13日 (木) 09時58分

とてもきれいな着物だね
間近でみてみたい!

春はいろいろなものが活気付いてくるから
わくわくする季節だけど、私はちょっとつらい季節だわ

今年も相変わらず苦しんでおります

これさえなければ、春の香をいっぱい吸えるのにー

投稿: mayo | 2008年3月12日 (水) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奇跡的!?2月18日 | トップページ | FELT∞SHOES No.12 »