« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月20日 (土)

はみ出せこころ終了

展覧会も無事終了したようです♪予想以上に人の出入りがあったようで、企画者の彼女もホっとした様子。今度打ち上げでモツ鍋でも食べに行こう。(←今さらモツ鍋ブーム)

ところで、前回の日記の2日後には、テキスタイルスクール時代の友人たち6人と再びほななを訪れました。そのうち2人は作品を出品してくれていたし、そのうちの1人は何と神奈川に住んでいるんだけど、いい機会だからと言うことでこっちまで出て来てくれました☆

その彼女たちの作品を私は初日に見たんだけど、これがびっくり!私を含めて3人の作品を並べてみましょう↓379
377009







丸い!! みんな球体・・・・
何とも不思議なことですw 何となく表現は違うから、「はみ出せこころ」って言葉に感じたポイントは違うだろうし、使った素材も違うけど、こうして共通点が出てくるんだから面白い。そして、お互いの作品を見てきた私達にしてみたら、それぞれ素材も色も「わかるなぁ~」って感じなんです。どれも「その人っぽい」。やっぱり出るもんですねw

上左写真の作品を作った彼女は、今もテキスタイルスクールで勉強中。そこでは着物を作っていますが、こういう造形も好きな人。丸いボールの素材はシルクオーガンジー。うすーい布です。でもこうなると固いんですよ。軽くてピンポン球みたいな感じ?オーガンジーならではの透け感が、作った彼女を彷彿させました。

上右は、神奈川から参加してくれた「おかあさん」の作品。「おかあさん」というのは、学校時代のその人の呼び名。あだ名というか、その方は実際20歳を超える子供さんがいるれっきとした「お母さん」。好奇心が旺盛で、発想が豊かで、時に私たちも舌を巻く暴走も・・・(笑)この方も普段は着物を作っているんですが、造形をとっても面白がってやってくれました。この球体の下にニョロニョロしているの、これ、ナンだと思いますか?素材はゴム。なんだか色がついている。
最初、私はペイントをしたゴムを細く切ったんだと思っていました。
が!これ、着物を作る過程で出たものだったんです。
絣の着物を作るために糸を染める時、色の付くところと付かないところを作るため、付かない部分にゴムを巻きます。そして染めた後にそれを解く。それがこれだったんですね。。。へぇ~!ゴミになりそうなものの面白さを見出してを素材として使うっていうのは学校時代に知ったこと。そして自由な造形をするときに何より面白いところ。だと思うなぁ。。。

その後、みんなでモツ鍋食べて(この日も行ったw)、近況報告しながらそれぞれの変化を感じあいました。学校時代はみんな「創ること」を楽しみ、悩み、自分の中を探ることに没頭しました。その後働いたり、結婚したり、まだ勉強していたり・・・まぁ学校を出ればそれぞれの形があるけど、この仲間と話して、一番いつも私が嬉しいこと。それは、オチのある面白話でもなく、恋愛の話でもなく「自分と向かい合うことの話」を、何の躊躇もなくできること。
私もいつもいつも、そんなことを考えて暮らしているわけではないけど(笑)
でも、それはとっても大切なことやと思っている。
そしてこの人たちはみんな、自分と向かい合う喜びと苦しみを知っている。
それを時々まじめに話したり聞いたりできる仲間がいるということはとても嬉しいことです。

時間が経てば、環境が変われば、考え方も大切なものも変わってくる。
「今はこれが大切」だって発見している人もいれば、まだ探している人もいる。
だから、会うときによって、自分がその時見つけた大切なことを話す場合もあれば、霧の中にいる苦しさを吐き出す場合もある。
みんな時々によって違うけれど、どんな状況にいても、私にはリスペクトなのです。

カタイですか?だね;でも、カタイ仲間は大切だよ♪

色んなことを感じさせてくれた展覧会をありがとう!!

| | コメント (2)

2007年10月 7日 (日)

はみ出せこころ~オープニング~

021_2今日から始まりました♪
大阪は茶屋町にあるギャラリー「ほなな」での 「はみ出せこころ展」

オープニングに合わせて、参加者の友達と一緒に覗きに行ってきました!





006_2008
こんなところに!?と思うような場所にひっそりとかわいらしい入り口をもつ「ほなな」




オープニング準備もほぼ終えた企画者の友人や関係者の方が、やっと少しほっとしたような顔で迎えてくれました♪ギャラリーの半分のスペースは、約50人の顔写真と作品でいっぱい!022_2
019020_2参加者は子供さんからおじさままで、幅広い年代、そして職業も学生、学校の先生、陶芸の先生、サラリーマン、お母さん、コピーライターさん、音楽家・・・・本当に様々な人が集まった様子で、作品の形もイラストや立体、音楽、文章・・・と色んなものが集まっていました。


031_3企画者の彼女の挨拶をもってオープニングです♪
仕事をしながら、ここまでこぎつけた頑張りに、ホント拍手!苦労もたくさんあったと思いますが、この嬉しさにはきっと代え難いやろうなぁ。。ほんとお疲れ様♪


039029 差し入れで持っていった銀座あけぼのの「もちどら」は、一口サイズでかわいい上に「ありがとう」って言葉が入っていて、大好評♪しかも、デパ地下でそれを買ったときに、お店のおばちゃんが、「おやつに食べようと思ってたんやけど・・」って自分の分を分けてくれたため、即購入w

******************************************************************

009←さてさて私、作ったのはこちら。手前が前回写真にUPしたフェルトボールです。写真は見づらいかもしれないけど、 フェルトボールに巻いた黒い毛糸の端っこが、奥の写真パネルの編み物につながってるような格好に仕上げてみました。



013実はもともと、この黒い毛糸の巻かれた物体を作るにあたっては、ずっと前からモチーフとして気になっていたものがありました。今回の展覧会で、まさにその原型を展示されてる方がいらっしゃいました!





044 それがこの方♪そう。小学生くらいの子供さん。
この一番下の黒い絵を見てピンとくる人もいるかな?
私は幼稚園の時によくやっていました。
画用紙をクレヨンでいろんな色に塗り分けた後、上から黒でぜーーんぶ塗りつぶす。その後黒の上から引っかいていくと、下の色が出てくるっていうアレです。
私はあの絵の描き方というか、仕組みが何故だかとても好きで、染織学校時代にいつか、これを基にした作品を作ってみたいなと思っていました。今回この絵を出品していたのが、子供さんだったことは、すごい嬉しいことだったなぁ☆

ついでに、今回の私の作品を見て、企画者の彼女が言ってくれたこと。
「いつもハキハキ意見とか言える人だから、どんな作品作るのかなと思ってたんですけど、すごくあったかい作品で、嬉しかったです。」と。
そう言ってもらえて、実はとても嬉しかった!少し伝わったことがあるような気がしました。

黒の下にある色。黒の合間に見える色。黒の中から滲み出す色。黒と色の作品はこれから他の形でも作ってみたいな。


035037043 今日一緒した友達も、他の人の作品にワクワク!特にメキシコの「死者の日」(11/1~2)に街中に溢れかえるという、ものすごいカラフルで陽気なガイコツ(グッズ)たちの写真をカードにした作品では、そのカードをお持ち帰りさせてくれるということで、私も含めオトナ達を虜に。 ↑必死やしw

045 そんな彼女達も、素敵な作品を作って参加。
一人の子は日々の生活の中で自分にとって大切なものをコラージュに。旦那様も、もちろん一員ですw ラヴ。



032 そしてもう一人の友人は、日頃から音楽活動をしていることもあって、音楽を作品に。いつもはユニットやバンドで活動している中で、今回は「ひとりで全部をやったらこんなん出ました~」という感じで、メインのアコーディオンをはじめ、リコーダーとか色んな楽器をひとり録音して挑戦してくれたそうです♪今日はテレコで聴くだけでしたが、明日からはギャラリーで1日に何回か流してくれるかも。。。

作品の良し悪しとか、精度とか、そういうものとは無縁の展覧会。
これに参加できたのは、ホントよかったな。
次は今回の作品から発展したものを作りたいな~って気持ちがムクムク出てきてます☆
展覧会は面白い。素直に感じた一日でした♪

次はあさって、染織学校のときの友人達と行ってきます♪
実はこの友人達が作った作品には、ある、とてもビックリしたことが・・・!
それはまた次回♪








| | コメント (0)

2007年10月 1日 (月)

はみ出せこころ作品完成!

作品が出来上がってどうにか発送終了しました♪

今回のような企画、私にとっては肩の力を抜いて、ワークショップっぽく楽しめるいい機会だったなぁと思ってます。(まだ展覧会始まってないけどw)
数年前から「表現すること」は私のライフワークだ~と思って楽しんでますが、自分を表現すると思うと、いつの間にか作品ってものに過度な念を持ちすぎて、自分で自分の首を絞めちゃうこともあったりします;

そんなしんどさも含めてライフワークともいえるけれど、やっぱり「面白がれる」ってことは大事にしないと!
そんなキモチにぴったりの企画だったので、素直にやりたかったことがやれたんじゃないかな。

364365367 春ぶりにフェルトをチクチク。フェルトボール、かわいいですねぇ~♪ハンドメイドフェルトがツボに入るとは正直、はじめるまでは思っていなかったんですが、が大好きな私には、発色のいいキレイ色を出せるウールという素材、そして「色の宝石箱やぁ~!」を自分で無限大に作り出せるフェルトの素材性がたまりません。あ、もちろん、みるみるうちに出来るというところもスキ(笑)
「色」が生み出す空気が私にはものすごく魅力的だし、色を組み合わせる時は自分の個性を出せることを大切にしています。
私の色の組み合わせ方を*好き!*って言ってもらった時は、とてもとてもテンションUPです↑↑↑

このボールを(見ている分にはバラバラの方がかわいいけど・・・)ひとつにまとめて。
371
完成形にはこの姿が少し隠れてしまうので、いまのうちにUPしてみました。

次回は展覧会の様子をレポートします♪

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »