« 韓国展覧会レポートno.2 | トップページ | 韓国展覧会レポートno.3-2 »

2007年7月 4日 (水)

韓国展覧会レポートno.3-1

6月21日
今日は夕方から行われるオープニングまで、自由時間。
昨日の夜にkimさんが、釜山市立美術館で会議があるから、その少し前に来てくれたら案内しますよと言っていたので、9:50amに美術館に着くように行きましょう☆とKTちゃん、YKさんと決めながらも、またもや夜遅くまでおしゃべり。

朝。
「もう9時だよ~!」というYKさんの声。え??9時!?
時計を見ると・・・9時だよ;
隣に寝ていたKTちゃんに「もう起きないと間に合わないんだけど・・・」と声をかけると「あたしは・・・寝ます~;」と布団にもぐりこむKTちゃん。若いしねw
昨日なぜかぐったり疲れてた私も、数十秒、心の中で葛藤w
でも頑張って起き、得意の早業で(←これは本当に得意)、15分ほどで準備を整える。
「YKさんすいませ~ん!」と言ったら「実は私も今起こしてもらったのよ・・・」と苦笑いで告白w本当に起こしてくれたのは、ho-ちゃんに6時に起こされてしまった、MWさんだったとのこと;

でもそこはオトナです。さっさと準備をして、市立美術館へ。ここまでは地下鉄で2駅ほどだったのだけど、コンドから駅までが少しあるものだから、途中でタクシーを拾う。タクシーが安いっていうのは、本当にステキなことだわ☆
市立美術館は地下鉄の駅名にもなっているし、わりと近いし、地図まで見せてるからわからないわけないだろうと思うのに、おじちゃんがずっと口の中で「市立美術館、市立美術館・・・」と言うから心配;でもちゃんと着きました。
しかーし、ジャストの時間くらいに着いたものの、何故かkimさんとは会えず; でも英語の達者なスタッフの方はとても親切でした。

まぁせっかく来たのだし、韓国アートを楽しもう♪
と、回っていると、幼稚園生の集団が。2人1組で手をつないで列をなし、先生が数名そばについて回ってる。・・・・・と、よく見ていると不思議なことに気づく。「ただ歩いてるだけやんっ!」そうなんです。どの絵の前でも全く立ち止まらない。子供が、というわけではなくて、先生も。どれかの前で何か説明するわけでもなく、自由に見ていいよというわけでもなくw ひと部屋みんなで行進したら、通路に並ぶベンチにみんなでキュウキュウに座って休憩。で、またひと部屋行進したら、また休憩w なんだこりゃ(笑)YKさんと苦笑。

でも、こうして幼稚園の遠足が美術館っていうのはとてもいいことだと思います。私はデンマークにいるときに何度かこういう光景に出くわしました。向こうはもっと子供も自由気ままに見ていたけど。オトナとしては、確かにゆっくり見たいのに子供がワーワーいうと不愉快になったりもしますが; でも、アートは対オトナにだけ向けられたものではないし、子供もオトナと同じフィールドにいるべきだとするのは、とてもデンマークらしいなと思ったのを思い出しました。子供の造形教室を自ら開いているYKさんによると、日本では子供への解放の日を別に決めている美術館があるそうです。それはいいことだと思うけど、ただ、「作品の前で、子供が真似して絵を描こうとしたら、怒られた人もいるのよ!」と言う話にはがっかり。美術館は高尚な場でもなんでもないのにね。

長くなりますが、もうひとつ不思議だったことが。監視員の方って、普通展示室の中に椅子があったりして、そこに座ってたりしますよね?ここも椅子はあるんだけど、何故かだーーれも座ってない。で、かわりに部屋と部屋をつなぐ通路にウロウロと学生さんのような若い監視員がブラブラしてるのです。監視になってないやん!よくわからない謎。

韓国アートは何も先入観がなかったのですが、面白い作品が結構ありました。
展示の仕方はちょっと不思議な並びだったけど、迫力のあるものが多かった。
あと、ヒトを描いている作品が多いなってことと、韓紙と言って、日本の和紙と同じ、韓国の伝統紙に絵を描くっていうヒトも比較的(日本の現代アートの方で和紙をキャンバスにしているヒトがどれだけいるかを考えると)多いのかなという感じがしました。
あと、この時期は釜山ビエンナーレの歴史ってことで、過去の作品なども並んでいて、時代とともにモチーフも描き方も変わっていくことがよくわかりました。

さて、そこから地下鉄に乗り、ヘウンデの駅をひとつ乗り過ごした中洞へ。ここにはe-martという大型スーパーがありました。
スーパー。これはどの国に行ってもお楽しみなところ♪
入って早々、化粧品のTHE FACE SHOP を発見。韓国好きの日本の友人から日本のショップを紹介され、とてもリーズナブルだったので、早速チェック♪や・・・やすい日本よりも更にリーズナブルです。お化粧品にはわりと無知な私ですが、必需品のリップグロスはとても使い心地もよいです☆

そして、フードエリアへ。まずは、色でお楽しみください。
187 188 189
193_1 197 192
いいですね~♪こういうのを見てるだけでワクワクします。
気になるものもいくつか・・・
190 VIP扱いの野菜たち。
1枚1枚丁重に剥がされ、すごい冷気を当ててもらって。
大通りの側の炎天下の路上で、冷気も当てずに生魚を売っていたりもするのに・・・

194 剥いてくれてる!これ、みんなニンニクです。
これいいね~!消費量が多い証拠ですねぇ。。。

196199  韓国の商品は「おんぶにだっこ式」が多いこと多いこと。



左の牛乳。
“今なら1本買ったら、ミニパック2本がついてくる!”
右のコーンフレーク
“フレーク食べるならやっぱ牛乳でしょ。てことでボトル、つけちゃいます!”
太っ腹~
それから、皆さんご期待の通り・・・
195
韓国のりコーナー
見えないかもしれないけど、右の男性、カートに韓国ノリのデカパックを5~6パックも入れてます・・・




私はお土産用にコチュジャンのチューブ5本セットや、サムゲタンのレトルトスープなどを購入。海外の日用品を見るのも好きなんだけど、韓国はこれまでのどの国よりも日本のテイストに近かったので、あんまり目新しいものがなかったです。なんだろう、文字は勿論ハングルなんだけど、日本のものも多いし、デザインもなんだか似通っている。
フードエリアを予想外に時間をかけて通過し「ちょっとだけ、行きます?」と会社帰りのオヤジのような発言をしながら、YKさんと2Fも一応物色。こちらも同じように、そんなに目を引くものはなかったのだけど、本屋さんで、ちょっとステキなデザインを発見!
子供の用のドリルでした。
201 200_1 202_3
こうしてe-martで長い時間を費やし、急いで一度コンドに戻ることになりました。

続く・・・

|

« 韓国展覧会レポートno.2 | トップページ | 韓国展覧会レポートno.3-2 »

コメント

☆mak
300円かぁ、やすいなぁ。ホント日本は高いよね。ちょっといいのだとすぐ1000円越えするもんね。行くまでにもお金かかる人も多いし、そんなことでますます高尚になっていくなんてバカらしいね。

テレビショッピング的な商法は香港でもよくあるんやね。何かあまりに大胆ですごい笑けたよw
ドリル、かわいいよね。
続きの日記でも書くけど、いやー、韓国来てるよ~!!

投稿: pb | 2007年7月 6日 (金) 16時01分

アートは高尚なものでもなんでもないってそのとおりだ。
もっと身近に アートを! と。
日本の鑑賞料はあまりにも高すぎる。
香港では、印象派の展覧会が300円ほどで見れたというのに。

異国でのスーパー巡り、たのしいよねー。
「2つ買ったら一つオマケ!」とか、「1つ買って‘+1ドル’すればもう1こ買える!」とか、香港にもよくある~

ドリル、めっちゃかわいいな!


投稿: makmacmax | 2007年7月 6日 (金) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国展覧会レポートno.2 | トップページ | 韓国展覧会レポートno.3-2 »