« 韓国展覧会レポートno.1 | トップページ | 韓国展覧会レポートno.3-1 »

2007年7月 2日 (月)

韓国展覧会レポートno.2

さてさて、ちょっと間が空きましたが、韓国レポートが続きます。

6月20日
今日は午後からいよいよ作品の搬入日。
昨夜遅くまで続いたおしゃべりのせいで、朝はすごくゆっくりしました。
コンドミニアムの中にもコンビニがあったのだけど、せっかくなので天気もいいし、外のコンビにまで買い物に。
164 甘パンとりんごヨーグルト、それに黒豆豆乳。
豆乳は日本よろしく、韓国でも流行っているよう。黒豆ってだけあって、黒ゴマのようなグレーでした。
しかし・・・あ・・・あまい・・・
これもお砂糖入ってるのか・・・アジアには数カ国行ってますが、比較的どこも飲み物は甘いものが多い。日本にはない、ガラスボトルに入ったスタバコーヒーがコンビニにあったので、買ったんだけど、これまた激甘!甘みを抑えてる方が好きな私には、ここがちょっとツライところ。もちろんパンもあまかった。
165_1
ゆっくり用意していると、テレビではドラえもんがやっていた。見入るho-ちゃん。トランクがこの時は格好のチェアになってます。
そして時には・・・157_1158159_1オンステージ♪
←カーテンに隠れて・・・と~じょ~!!パチパチパチ~!大喜びのho-ちゃんが超愛らしい。

お昼頃にいざ出発。
途中の看板。日本語の間違いはよくあることだけどね;
167
ぬ こ飯・・・誰か教えてあげて。

craft storyに到着し、しばしみんなとおしゃべりして搬入の時を待つ。
ギャラリーのアシスタントのjiniちゃんは4年も日本にいたということで、こちらも日本語堪能。ホント、なんでみんなこんなに上手いの・・・?
逆に、作家RFさんのアシスタントさんとして同行されていたYTさんは、韓国語がペラペラ・・・日本語を話す韓国人、韓国語を話す日本人、英語で話す日本人、韓国人・・・いろんな言語が混ざり合っても、臆することなくみんなおしゃべり♪こういうのって本当にステキだと思うのです。そんな様子を眺めながら、このボーダーレスな空気に、シアワセ気分を味わっていました。

169168韓国の作家さんも到着し、いよいよ搬入。各自作品の展示にかかります。今回は17名もが展示をするので、まずはスペース配分と展示位置を決めます。壁展示、台置き、吊るしなど、様々だからです。私は壁使いのつもりだったんですが。。。
ここで、ツメの甘さが出てしまった;
作り上げることでホッとしてしまって、展示方法を考え抜けてなかったんですね;実際に場所に置いてみると、やはり作品の意図をよく見せられるように当初の予定から変えたいと思ってしまったのです。kimさんやMWさんからアドバイスをいただき、3枚のパネルを壁に垂直に取り付けようと挑戦。MWさんが様々な道具を貸してくださり、まずは両面テープなどでがんばる。
が・・・壁がペイントでちょっと凸凹してるため、くっつきが非常に弱い。
支えのU釘を打ってみるも、ちょっとした揺らぎがあると落ちてしまう。。。。
や・・・やばいかも。
当初はサクッと展示が終わると思っていたのに、予想外の展開。
完全なる展示経験不足の私には、他によいアイディアが浮かばない。
早々に展示が終わった作家の方たちやjiniちゃんが「何かやれることがあったら言ってくださいね!」と温かい声をかけてくださるけど、段取りよくお願いできる段階にまで至ってない・・・。焦る。焦る。焦る。変な汗。
170 幸い、この日に日本から到着したMMさん(本当は前日入りのはずだったのに、何と機体異常ということで、成田から飛ばなかった!!でも東京ベイヒルトンに泊まれたそうですwそれも楽しめるYKさんとMMさんたちはステキですv)は、この場で制作をするという形を取っていらしたのと(←赤い糸で作品を作っていくMMさん)、写真奥に見える、天井から編んだ糸と床の小麦粉を使ってこの場で作っていくインスタレーション形式を取ったKTちゃんがいたので、ちょっとほっとしつつ悪戦苦闘は続く・・・; 172

途中「おやつにしましょう!」というkimさんの一言!→
DUNKIN DOUGHNUTのドーナツで、糖分補給。だいぶ気が焦っていたので、これで随分落ち着くことができました。どこまでも気が利き、やさしいkimさん夫妻。

その後とりあえず、どうにか設置できたものの、かなり不安定。2週間の展示期間を乗り切るのが難しい気がして心配。さすがの私も自分の勉強の足りなさに凹み気味。

それでも一応搬入完了ということで、近所のお店でみんなで食事。
180_1179_1や・き・に・く♪
サムギョプサル(豚の3枚肉)とヤンニョンカルビ(タレ付牛肉)です。
鉄板がすこーし斜めになってるのがわかるでしょうか。はじめ、「あぁ鉄板がはみ出るからお皿で支えちゃうわけね。」と思っていたんだけど。違う!そうそう、キムチやお肉から出る水分がちゃんとお皿に流れるように計算されてるの!

181カルビはびよ~んと25cmくらいはある大きさ。それをおばちゃんが、ザックザク切ってくれました。思っていたよりも甘い味付け。
焼酎も少々いただいて・・・
大好きなエゴマの葉もたっぷりあるし、最高!青唐辛子は昨日サムゲタンを食べた時にチャレンジして痛い目にあったにも関わらず、再び挑戦してみる私。やっぱり無理だった;


176お店の入り口。韓国はこんな風に上がりかまちがあって、座敷形式になってるとこがとっても多い。季節柄入り口も勿論開けっ放しなので、日本的に言うと「海の家」っぽい。ワイワイガヤガヤした感じも空気感もまさに海の家。テンションも上がるはずです。
テレビも置いてて、ジャイアンツの試合をやってたからビックリした・・・

コンドミニアムに帰る途中、これまでずっとご機嫌よくしてたho-ちゃんが遂に号泣。
そりゃあ、ちっちゃい身体で疲れたよね。そんな頑張ったho-ちゃんにも、お母さんであるMWさんの接し方にも、とても感心しながら帰途に着きました。183185_2
コンド内のコンビニでトマトアイス韓国ビールを購入。韓国ではトマト は果物なんだって。パピコっぽいシャリシャリのシャーベットがさっぱりと美味☆ビールは赤いのはもしかして辛い!?と言ってYKさんと試したんだけど、全然普通でした;度数がちょっと高いってことだったみたい。

明日はいよいよオープニングです☆

|

« 韓国展覧会レポートno.1 | トップページ | 韓国展覧会レポートno.3-1 »

コメント

☆mak
トマトアイスはね、甘いけど、ホンマにシャーベットやから意外とさっぱり♪日本やったら、たまにステキなオッシャレなお料理本とかで載ってたりするけど、韓国ではこんなマンガトマトくんになりま~す(笑)
スタバのドリンクは日本だとプラスティックのグラス型容器(ほらっマウントレーニアのカフェオレの・・・)やね。日本はあのカタチがものすごく普及してきたよね。私はストローでチューっとやるのが好きやから嬉しいんやけど。
そうか、香港にもあるんや。甘いってのも同じなんだね。
私はあの時そっちのコンビニで買った(中央駅の待ち合わせの時に買った)すいかジュースが好きやった&あのプラスティックボトルがものすごく気に入っている!海外でのボトルをつい持ち帰ってしまう癖があります。。。

投稿: pb | 2007年7月 6日 (金) 15時57分

んー!
一難去ってまた一難・・・といったところ・・・
作品を一から作ってさらに展示会をも作り上げて行く、というのは、ほんとエネルギーのいることなんだろうなぁ。

そんな中、食に関する話題も欠かさない貴女がステキ w
トマトアイスって、はじめてきいた!!
あ、あまいの・・・?

そういえば、スタバのガラス瓶入りのんって、日本にはないの?
香港には売ってるんだけど、あれ、たしかにあまいよね。

投稿: makmacmax | 2007年7月 6日 (金) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国展覧会レポートno.1 | トップページ | 韓国展覧会レポートno.3-1 »