« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月15日 (日)

韓国展覧会レポートno.3-3

*展覧会オープニングの様子*
490332604_70 490332604_241
490332604_245_2 会場全体
※全体の写真をあまり撮ってなかった私・・・。MKさんの撮った写真をお借りしました♪






私の作品です。
TITLE:「FILTER」
素材:新聞紙、ネガフィルム 
新聞は「動」だと思う。世の中で「今」動いているモノ、事。それを盛り込んで毎日毎日更新される。便利なもの、楽しそうなことが色の洪水の中で踊る。殺伐とした事件と誰かの成し遂げた成功体験記とスポーツ選手の勝利の顔と、何が見えているのかわからない政治家の顔と、そんなものがごっちゃになって、白と黒のふたつの色の中に混ざり合う。事件、事故、疑惑、成功、夢・・・新聞の上に見るそれらのことは、自分とは別の世界のことのように感じる。自分の周りの友達のことも、家族のことも載ってはいないから。

あまりにも早い流れの中で、ひとつひとつの形がどんどん見えなくなっていく。あまりにも多く起こる残忍な事件の中で、その悲惨ささえ麻痺していく自分がいる。
だけど、新聞の上に並ぶ事をどんどん剥がしていくと、結局すべての事は「個人の現実」が集まって出来ている。

「慣れ」「麻痺」「エスカレート」その塗り重ねられた場所から、ふと我に返って原点を見通せるようにと思って作りました。

178_3 014_1
007_1 008_2 003_3 004 005_1 006


↓こちらは、他の作家さんの作品です。ここに載せているのは一部になります。
詳細は作家の脇坂さんがきちんとまとめてくださっています。興味のある方はそっちをぜひご覧くださいね♪
http://chrysalis.exblog.jp/d2007-07-07
219_1 220_1 212
218_1 222 221
216 208_1 217
234 236 214
使う素材も、コンセプトも表現の仕方も本当に様々ですが、皆さん自分の形を楽しんでやっているんだということがよくわかって、それにすごく刺激を受けた気がします。

その後のパーティ♪
240 238 227
241 228 242
231 239 230
楽しい時間はあっという間です・・・
翌日はソウルに向かうので、ギャラリーの方々とお別れ。
勢いのあるままに「ありがとうございました~!」ってお別れする感じだったけど、アシスタントのJINIちゃんが「寂しいですねぇ。。。」ってお別れをとても寂しがってくれて、それを見ていると私まですごく寂しくなってしまいました。
ありがたいことです。

| | コメント (5)

2007年7月 9日 (月)

韓国展覧会レポートno.3-2

さて、荷物をいっぱい抱えてホテルに戻って一息ついて、KTちゃんとも合流し、急いでギャラリーのあるムンヒョンへ出かけました。というのも、本当はまだやり残していることがあったから!

でも、その前に展示室を見たら、やっぱり心配していた通り、自分の展示が崩れてる・・・!!やばい。焦ります。そこを助けてくれたのは、パワフルなYKさん。「針金使ったらいいんじゃない!?ちょっとやってみよう!!」ってすごい手際で手助けをしてくれる。残り少ない時間でやりたいことがまだ残っていたYKさんだったから、私はとても恐縮したんだけど、「いいよ!パッと頑張って、一緒に行こう!!」と励まされ、頑張る。(といっても、ほとんどの作業をYKさんが・・・;)
そして、昨日とは比べ物にならないくらいしっかりと固定された。本当に感謝&勉強・・・。

そして改めてやり残していたことへと向かう♪
その①:ミルミョンを食べたい!
218 ミルミョンというのは、見ての通り、韓国冷麺な。ただ麺が小麦粉で出来ているんですって。なので、冷麺よりも麺が柔らかく、食べやすいのです。でも何で今じゃないとダメなのか。それは、このミルミョンは元々プサンの食べ物だと聞いたから。
ギャラリーに着いて、kimさんにミルミョンの食べられるお店を聞いたら、これまたすぐに教えてくれてギャラリー斜め前のお店に。オープニング準備までのわずかな時間、kimさんも一緒にミルミョンを食す。時間がないから一気食い(笑)
kimさんによると、ミルミョンは元々北朝鮮の兵士がプサンに駐在した時に、冷麺を食べたかったけれど、原材料の蕎麦粉が手に入らなくて、代わりに小麦粉を使ってつくったことが発祥だそうです。
氷が入ってひんやりつめたく、甘すっぱくさわやかなスープと細い麺が絶品!濃い料理が続いていたから余計に爽やかで!ここに更にお酢をしっかり足してさっぱりと食べました。これで3500won。500円くらい。安いよね~・・・

そしてもうひとつやり残していたのは、
②手芸用品の宝箱やぁ~!の鎮市場での買い物
もう本当に時間がなかったのだけど、先日連れて行ってもらった鎮市場で私はアクセサリーパーツを見たかった&YKさんはポシャギの布を買いたかったので、バタバタと急いでいってきました。でも、短時間で見るにはあまりにも巨大すぎる市場。同じような生地のお店が並び、どこで買っていいのかもわからない。でも、何となくポシャギの生地が多く、おばちゃんと目が合ったところで、YKさんがポシャギ生地購入の勢いに乗りました(笑)Cimg4142_small
Okusa75 
ポシャギ(ポチャギ/ポジャギ)というのは、日本で言う風呂敷と同じで、モノを包み、携帯するための布。という定義ができるそうですが、一番有名なのは、写真のように様々な色の小さな端布をつなぎ合わせた、いわばパッチワーク。薄くて光沢があるシルク、そしてもう少ししっかりとした生地感と風合いのある麻(ラミー/芋麻)、この2種類を使うものが一般的なようです。
220 body languageでの価格交渉でシルクの生地を買い始めたYKさん。ノッテます。おばちゃんもノッテきました。どんどん色んな色を出してきます(ここはさすがにアジアの商人・・・)ポシャギ生地の特長は何と言ってもその豊富な色展開。見れば見るほど色んな色が欲しくなるのは私も同じ。
でもそこはシルク。現地価格と言ってもシルクです・・・
「ここでストップ!」と言ってトータル金額を聞くと予想外の値段に!一瞬「だまされてる!?」と思ったけれど、よく考えれば合っている。。。
だいぶ大きな出費にYKさんも苦笑い。私はシルクのブルーエメラルドグリーン2色のみ購入しました。でも、この時におばちゃんが勝手に違う色の反物にはさみを入れちゃって、私が「それじゃない!その色じゃないから!!」って言ったけど、はさみを入れちゃってるからおばちゃんも「ソレは困る~!」と言い張る。安いものなら買ってもよかったけど、結構なお値段するものなので、そこは頑張りました。「いやいやいや!!」って(笑)アジアのこの勢い商法は危険です。YKさんがたくさん買ってあげたからか、なんか端切れを大量におまけしてくれるおばちゃん。入れてくれるたびに「silk 、silk、これもsilkよ」って言うんだけど、YKさんは普段オーガンジーを使った作品を作っている方。わからないわけがない。「これ絶対化繊だよ・・・!」と小さな声で。おまけだから良いものの、そういう買い物の信用っていうのは海外では難しいですね。。。
後はボタンを少々とアクセサリーパーツを少々、大急ぎで購入して戻りました。
それでも戻った頃にはオープニングの準備はほとんど出来てしまってて・・・ごめんなさい!

そしていよいよオープニング
この時期は韓国の大学の試験期間に当たっていて、大学講師をされている方や学生さん達がオープニングに来られなかったので、人数は少なくなったのが残念でしたが、オーナーであるkimさんの挨拶、そしてこのギャラリーを紹介してくださり、展覧会を実現にまで引っ張ってくださったMWさんの挨拶をもって、開催となりました☆その後、私たち出展作家が一言ずつ作品のコメントをしていきました。(そんなことをすると思ってなかったので、正直ちょっと焦った・・・)

その後はみんなが各地から持ち寄った日本のお菓子や韓国のお菓子と共にワインで乾杯♪ささやかながら、活気のあるパーティとなりました☆お客様に混じってkimさん夫妻の子供たちも一緒に、アットホームなパーティ♪
ひとつ難しいなと感じたのは、韓国の作家さんとの交流。
日本語のできる韓国の方、韓国語のできる日本の方が、それぞれ通訳としていたとはいえ、やはり人を介しての会話には限度があります。だから、英語がダメだと手段がない・・・。特に作品の話などができなかったのは残念でした。

オープニングの様子は次の日記へ・・・

| | コメント (2)

2007年7月 4日 (水)

韓国展覧会レポートno.3-1

6月21日
今日は夕方から行われるオープニングまで、自由時間。
昨日の夜にkimさんが、釜山市立美術館で会議があるから、その少し前に来てくれたら案内しますよと言っていたので、9:50amに美術館に着くように行きましょう☆とKTちゃん、YKさんと決めながらも、またもや夜遅くまでおしゃべり。

朝。
「もう9時だよ~!」というYKさんの声。え??9時!?
時計を見ると・・・9時だよ;
隣に寝ていたKTちゃんに「もう起きないと間に合わないんだけど・・・」と声をかけると「あたしは・・・寝ます~;」と布団にもぐりこむKTちゃん。若いしねw
昨日なぜかぐったり疲れてた私も、数十秒、心の中で葛藤w
でも頑張って起き、得意の早業で(←これは本当に得意)、15分ほどで準備を整える。
「YKさんすいませ~ん!」と言ったら「実は私も今起こしてもらったのよ・・・」と苦笑いで告白w本当に起こしてくれたのは、ho-ちゃんに6時に起こされてしまった、MWさんだったとのこと;

でもそこはオトナです。さっさと準備をして、市立美術館へ。ここまでは地下鉄で2駅ほどだったのだけど、コンドから駅までが少しあるものだから、途中でタクシーを拾う。タクシーが安いっていうのは、本当にステキなことだわ☆
市立美術館は地下鉄の駅名にもなっているし、わりと近いし、地図まで見せてるからわからないわけないだろうと思うのに、おじちゃんがずっと口の中で「市立美術館、市立美術館・・・」と言うから心配;でもちゃんと着きました。
しかーし、ジャストの時間くらいに着いたものの、何故かkimさんとは会えず; でも英語の達者なスタッフの方はとても親切でした。

まぁせっかく来たのだし、韓国アートを楽しもう♪
と、回っていると、幼稚園生の集団が。2人1組で手をつないで列をなし、先生が数名そばについて回ってる。・・・・・と、よく見ていると不思議なことに気づく。「ただ歩いてるだけやんっ!」そうなんです。どの絵の前でも全く立ち止まらない。子供が、というわけではなくて、先生も。どれかの前で何か説明するわけでもなく、自由に見ていいよというわけでもなくw ひと部屋みんなで行進したら、通路に並ぶベンチにみんなでキュウキュウに座って休憩。で、またひと部屋行進したら、また休憩w なんだこりゃ(笑)YKさんと苦笑。

でも、こうして幼稚園の遠足が美術館っていうのはとてもいいことだと思います。私はデンマークにいるときに何度かこういう光景に出くわしました。向こうはもっと子供も自由気ままに見ていたけど。オトナとしては、確かにゆっくり見たいのに子供がワーワーいうと不愉快になったりもしますが; でも、アートは対オトナにだけ向けられたものではないし、子供もオトナと同じフィールドにいるべきだとするのは、とてもデンマークらしいなと思ったのを思い出しました。子供の造形教室を自ら開いているYKさんによると、日本では子供への解放の日を別に決めている美術館があるそうです。それはいいことだと思うけど、ただ、「作品の前で、子供が真似して絵を描こうとしたら、怒られた人もいるのよ!」と言う話にはがっかり。美術館は高尚な場でもなんでもないのにね。

長くなりますが、もうひとつ不思議だったことが。監視員の方って、普通展示室の中に椅子があったりして、そこに座ってたりしますよね?ここも椅子はあるんだけど、何故かだーーれも座ってない。で、かわりに部屋と部屋をつなぐ通路にウロウロと学生さんのような若い監視員がブラブラしてるのです。監視になってないやん!よくわからない謎。

韓国アートは何も先入観がなかったのですが、面白い作品が結構ありました。
展示の仕方はちょっと不思議な並びだったけど、迫力のあるものが多かった。
あと、ヒトを描いている作品が多いなってことと、韓紙と言って、日本の和紙と同じ、韓国の伝統紙に絵を描くっていうヒトも比較的(日本の現代アートの方で和紙をキャンバスにしているヒトがどれだけいるかを考えると)多いのかなという感じがしました。
あと、この時期は釜山ビエンナーレの歴史ってことで、過去の作品なども並んでいて、時代とともにモチーフも描き方も変わっていくことがよくわかりました。

さて、そこから地下鉄に乗り、ヘウンデの駅をひとつ乗り過ごした中洞へ。ここにはe-martという大型スーパーがありました。
スーパー。これはどの国に行ってもお楽しみなところ♪
入って早々、化粧品のTHE FACE SHOP を発見。韓国好きの日本の友人から日本のショップを紹介され、とてもリーズナブルだったので、早速チェック♪や・・・やすい日本よりも更にリーズナブルです。お化粧品にはわりと無知な私ですが、必需品のリップグロスはとても使い心地もよいです☆

そして、フードエリアへ。まずは、色でお楽しみください。
187 188 189
193_1 197 192
いいですね~♪こういうのを見てるだけでワクワクします。
気になるものもいくつか・・・
190 VIP扱いの野菜たち。
1枚1枚丁重に剥がされ、すごい冷気を当ててもらって。
大通りの側の炎天下の路上で、冷気も当てずに生魚を売っていたりもするのに・・・

194 剥いてくれてる!これ、みんなニンニクです。
これいいね~!消費量が多い証拠ですねぇ。。。

196199  韓国の商品は「おんぶにだっこ式」が多いこと多いこと。



左の牛乳。
“今なら1本買ったら、ミニパック2本がついてくる!”
右のコーンフレーク
“フレーク食べるならやっぱ牛乳でしょ。てことでボトル、つけちゃいます!”
太っ腹~
それから、皆さんご期待の通り・・・
195
韓国のりコーナー
見えないかもしれないけど、右の男性、カートに韓国ノリのデカパックを5~6パックも入れてます・・・




私はお土産用にコチュジャンのチューブ5本セットや、サムゲタンのレトルトスープなどを購入。海外の日用品を見るのも好きなんだけど、韓国はこれまでのどの国よりも日本のテイストに近かったので、あんまり目新しいものがなかったです。なんだろう、文字は勿論ハングルなんだけど、日本のものも多いし、デザインもなんだか似通っている。
フードエリアを予想外に時間をかけて通過し「ちょっとだけ、行きます?」と会社帰りのオヤジのような発言をしながら、YKさんと2Fも一応物色。こちらも同じように、そんなに目を引くものはなかったのだけど、本屋さんで、ちょっとステキなデザインを発見!
子供の用のドリルでした。
201 200_1 202_3
こうしてe-martで長い時間を費やし、急いで一度コンドに戻ることになりました。

続く・・・

| | コメント (2)

2007年7月 2日 (月)

韓国展覧会レポートno.2

さてさて、ちょっと間が空きましたが、韓国レポートが続きます。

6月20日
今日は午後からいよいよ作品の搬入日。
昨夜遅くまで続いたおしゃべりのせいで、朝はすごくゆっくりしました。
コンドミニアムの中にもコンビニがあったのだけど、せっかくなので天気もいいし、外のコンビにまで買い物に。
164 甘パンとりんごヨーグルト、それに黒豆豆乳。
豆乳は日本よろしく、韓国でも流行っているよう。黒豆ってだけあって、黒ゴマのようなグレーでした。
しかし・・・あ・・・あまい・・・
これもお砂糖入ってるのか・・・アジアには数カ国行ってますが、比較的どこも飲み物は甘いものが多い。日本にはない、ガラスボトルに入ったスタバコーヒーがコンビニにあったので、買ったんだけど、これまた激甘!甘みを抑えてる方が好きな私には、ここがちょっとツライところ。もちろんパンもあまかった。
165_1
ゆっくり用意していると、テレビではドラえもんがやっていた。見入るho-ちゃん。トランクがこの時は格好のチェアになってます。
そして時には・・・157_1158159_1オンステージ♪
←カーテンに隠れて・・・と~じょ~!!パチパチパチ~!大喜びのho-ちゃんが超愛らしい。

お昼頃にいざ出発。
途中の看板。日本語の間違いはよくあることだけどね;
167
ぬ こ飯・・・誰か教えてあげて。

craft storyに到着し、しばしみんなとおしゃべりして搬入の時を待つ。
ギャラリーのアシスタントのjiniちゃんは4年も日本にいたということで、こちらも日本語堪能。ホント、なんでみんなこんなに上手いの・・・?
逆に、作家RFさんのアシスタントさんとして同行されていたYTさんは、韓国語がペラペラ・・・日本語を話す韓国人、韓国語を話す日本人、英語で話す日本人、韓国人・・・いろんな言語が混ざり合っても、臆することなくみんなおしゃべり♪こういうのって本当にステキだと思うのです。そんな様子を眺めながら、このボーダーレスな空気に、シアワセ気分を味わっていました。

169168韓国の作家さんも到着し、いよいよ搬入。各自作品の展示にかかります。今回は17名もが展示をするので、まずはスペース配分と展示位置を決めます。壁展示、台置き、吊るしなど、様々だからです。私は壁使いのつもりだったんですが。。。
ここで、ツメの甘さが出てしまった;
作り上げることでホッとしてしまって、展示方法を考え抜けてなかったんですね;実際に場所に置いてみると、やはり作品の意図をよく見せられるように当初の予定から変えたいと思ってしまったのです。kimさんやMWさんからアドバイスをいただき、3枚のパネルを壁に垂直に取り付けようと挑戦。MWさんが様々な道具を貸してくださり、まずは両面テープなどでがんばる。
が・・・壁がペイントでちょっと凸凹してるため、くっつきが非常に弱い。
支えのU釘を打ってみるも、ちょっとした揺らぎがあると落ちてしまう。。。。
や・・・やばいかも。
当初はサクッと展示が終わると思っていたのに、予想外の展開。
完全なる展示経験不足の私には、他によいアイディアが浮かばない。
早々に展示が終わった作家の方たちやjiniちゃんが「何かやれることがあったら言ってくださいね!」と温かい声をかけてくださるけど、段取りよくお願いできる段階にまで至ってない・・・。焦る。焦る。焦る。変な汗。
170 幸い、この日に日本から到着したMMさん(本当は前日入りのはずだったのに、何と機体異常ということで、成田から飛ばなかった!!でも東京ベイヒルトンに泊まれたそうですwそれも楽しめるYKさんとMMさんたちはステキですv)は、この場で制作をするという形を取っていらしたのと(←赤い糸で作品を作っていくMMさん)、写真奥に見える、天井から編んだ糸と床の小麦粉を使ってこの場で作っていくインスタレーション形式を取ったKTちゃんがいたので、ちょっとほっとしつつ悪戦苦闘は続く・・・; 172

途中「おやつにしましょう!」というkimさんの一言!→
DUNKIN DOUGHNUTのドーナツで、糖分補給。だいぶ気が焦っていたので、これで随分落ち着くことができました。どこまでも気が利き、やさしいkimさん夫妻。

その後とりあえず、どうにか設置できたものの、かなり不安定。2週間の展示期間を乗り切るのが難しい気がして心配。さすがの私も自分の勉強の足りなさに凹み気味。

それでも一応搬入完了ということで、近所のお店でみんなで食事。
180_1179_1や・き・に・く♪
サムギョプサル(豚の3枚肉)とヤンニョンカルビ(タレ付牛肉)です。
鉄板がすこーし斜めになってるのがわかるでしょうか。はじめ、「あぁ鉄板がはみ出るからお皿で支えちゃうわけね。」と思っていたんだけど。違う!そうそう、キムチやお肉から出る水分がちゃんとお皿に流れるように計算されてるの!

181カルビはびよ~んと25cmくらいはある大きさ。それをおばちゃんが、ザックザク切ってくれました。思っていたよりも甘い味付け。
焼酎も少々いただいて・・・
大好きなエゴマの葉もたっぷりあるし、最高!青唐辛子は昨日サムゲタンを食べた時にチャレンジして痛い目にあったにも関わらず、再び挑戦してみる私。やっぱり無理だった;


176お店の入り口。韓国はこんな風に上がりかまちがあって、座敷形式になってるとこがとっても多い。季節柄入り口も勿論開けっ放しなので、日本的に言うと「海の家」っぽい。ワイワイガヤガヤした感じも空気感もまさに海の家。テンションも上がるはずです。
テレビも置いてて、ジャイアンツの試合をやってたからビックリした・・・

コンドミニアムに帰る途中、これまでずっとご機嫌よくしてたho-ちゃんが遂に号泣。
そりゃあ、ちっちゃい身体で疲れたよね。そんな頑張ったho-ちゃんにも、お母さんであるMWさんの接し方にも、とても感心しながら帰途に着きました。183185_2
コンド内のコンビニでトマトアイス韓国ビールを購入。韓国ではトマト は果物なんだって。パピコっぽいシャリシャリのシャーベットがさっぱりと美味☆ビールは赤いのはもしかして辛い!?と言ってYKさんと試したんだけど、全然普通でした;度数がちょっと高いってことだったみたい。

明日はいよいよオープニングです☆

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »